Web制作の「カウンセラー」として - 目先ではなく本質的な提案を

制作会社インタビュー

Web制作の「カウンセラー」として - 目先ではなく本質的な提案を

株式会社ルイーダ商会 マーケティング部 部長 兒玉 龍人

Web制作において自身は「カウンセラー」である。そう語るのは株式会社ルイーダ商会の兒玉龍人氏です。

本日は過去のWeb集客のコンサル経験を活かし、Web制作の案件の上流から運用までを手がける兒玉氏にWeb制作において大切にしていることや自社の仕事に対する想いをインタビューさせて頂きました。

ーー本日はよろしくお願いします。兒玉様は中途で入社されて約半年が経つと思うのですが、改めて現状のお仕事を伺ってもよろしいでしょうか。

現在の業務内容は案件の創出から獲得、制作のディレクション、運用までをすべて行っています。基本的には営業提案時点で企画を盛り込んでおり、そちらをベースにして制作と運用に取り組んでいます。

デザインの内容に関してはデザイナーの意見も聞いて行っていますが、基本的にはページ構成含めてどんな構成にするのかも一気通貫で行っています。

兒玉 龍人

ーー全ての工程に関わってらっしゃるんですね。ちなみに、前職もWeb系のお仕事をされていたとのことですが、過去の経験で今の仕事に活きていることはありますか?

Web集客のコンサルを長い間やってきたので、Webサイトを作る目的をお客様ありきで考えてられているところですかね。

Web制作会社によっては、制作屋と呼ばれる「こちら側で作りたいものを作る」といった会社も多いようですが、実体験としてユーザーに結び付くサイトじゃないとダメだということはわかっているので、そういった部分を制作の時点から盛り込みながら進めています。

あくまで、そのWebサイトの情報を欲しているのはその会社のお客様なので、その方々の葛藤が見えない限りはブレたWebサイトしかできないと思っています。ユーザーニーズと、出したい会社の色をどう結びつけるかを特に考えています。

ーー素晴らしいですね。制作の中でクリエイティブを作成する工程も発生すると思いますが、クリエイティブにおいてもそういった「ユーザー視点」を大切にされているのですか?

そうですね。制作から運用工程全てにおいて大切にしています。

スタンスとして、お客様にとって私自身が「カウンセラー」であることだと思っています。

私たちが相談頂くお客様は、「このサイトを作りたい」という部分からぼやけていて、目の前のことしか見えていないことが多かったりします。そのため、本当にお客様が何をしたいのを引き出しながら、制作や集客の内容を提案したり、そもそも体制の変更から提案することもあります。

そういった問題解決のカウンセラーをという立ち位置で、私たちの役立てることでお役立ちするという考え方を持つようにしています。

兒玉 龍人

ーーカウンセラーという表現が非常にしっくりきました。何より、そもそも体制から変えるとは凄いですね。ちなみに兒玉様がそういった考えるようになったきっかけなどはありますか?

そもそも私も代表も制作会社始まりではなく、代表はどちらかというと運用や集客、接客など出身、私ももともと証券会社出身なので、何をもって作りたいのか等の大元がないと成り立たないところにいた、ということが土台にあると思います。

その中でも私の一番のきっかけは、前職での出来事です。既に他社で制作し完成してしまったWebサイトの運用案件で、根本から構造を変えないと成果が出せないであろう案件がいくつかあったんです。

集客サイトであればそもそものサイト構成がおかしかったり、求人のサイトでもそもそもユーザーニーズにマッチしてなかったりと。運用から携わるとそういった案件がかなり多く、そもそもサイトを作るところからもり込んでいかないとお金の無駄になってしまうと感じました。

今でも「あれやりたい」「これやりたい」等の相談は多いですが、それはあくまで一個の情報や物事の側面でしかないケースもあります。であれば本当にやりたいことに結び付く、別の提案をします。

例えば数十ページで制作するホームページも、必要ないページや合わせられるページもあったりしよね。また、そもそも先にサービスサイトを作ったほうが良かったりもするので、皆妄信している節は多いなと思いますね。

兒玉 龍人

ーーユーザーのニーズをくみ取って本質的な提案をされているのですね。ちなみに、カウンセラーとして信頼を得るのは非常に大変な部分もあると思うのですが、そのために心がけていることはありますか?

まず営業としては、いかに対面で会えるかを重要視しています。お客様の真意をくみ取って、いつでも相談に乗れるような人間でいられるか、人間として信用できるかが重要だと考えています。

対面で会ったことがない人と話すのは不安だと思いますし、会えないのであればSkype等のテレビ会議もしています。こちらのできることを一方的に話すのではなく、相手が何をしたいのか、制作として具体的にどういう事を行っていくのかからお話ししています。

特にイメージが湧きづらいところを伝えながらやりたいことを汲み取るようにしています。そして、お客様の事業において一番良いと考える提案をするのが非常に大切ですね。

制作会社を選ぶうえで一番大事なのは人です。担当する人間が合うかどうかで、極端な話私じゃないほうが良いこともあるので、そこは必ず伝えていますね。

兒玉 龍人

ーーそこまで言い切られると信頼も得やすそうですね。貴社もしくは兒玉様自身でも、得意な業界などございますか?

会社としても個人としても、求人系の仕事は多くもらっています。特にマッチングサイトや人材派遣人材紹介を含めたお仕事が多いです。ブームとして盛り上がっている時期ではないと思うのですが、未だに割合として増えていますね。

求人自体は弊社の代表が採用媒体に精通しており、直近であれば某求人媒体の案件で大手の企業をだし抜いて一ヵ月の求人申し込みの歴代1位を獲得しました。それもあってかかなり注目を頂いていることもあります。求人が欲しい会社目線でお役立ちできるところが多いですね。

また、最近はデザイナーも増えているので、デザイン性の強い業界はチャレンジしたいと思いっています。

会社名にも出ている通り、弊社が得意な領域はもともとユーモアにあふれたWebサイトです。硬く真面目ではなく少しユーモアあふれるサイトの方が実は好きですね。そういった兼ね合いで面白いデザイナーも増えているので、ゴリゴリのデザイン重視のサイトも今後は携わっていきたいと思っています。

とはいえ、士業などの硬めのお仕事ももらうので、得意なジャンルごとにきちんと分けられるようにしています。業界柄仕方ないところもあると思いますが、デザイン部分でやれるところも多いので、お客様のやりたいことと、私たちの強みを掛け合わせてやっていけたら一番良いですね。

兒玉 龍人

ーー今後は提案の幅も広がっていきそうですね。ユーモアなサイトが得意とのことですが、これまでで苦労した案件とかってありますか?

今までだと、私たちの会社の考え方のユーモアな部分をわかってくれているお客様で、スターウォーズが好きだからスターウォーズ感を出してほしいという採用サイトがありました。こちらは四苦八苦しながら作りましたね。でも非常にやりがいもあり楽しかったです。

ディレクションも大変でしたが、特にデザイナーには助けてもらいました。製造業の求人サイトなのですが、ロゴも含めこちらでデザインを任せて頂き、最終的に方向性まで決まってお互いの認識合わせて進めることができています。

漠然とした要望もうまく形にできるので、こういったユニークなサイトはやはり得意だと改めて認識しました。

サービス自体は良いもので、あとはお客様を見つけたいのならばサービスの訴求が重要ですし、まずは名前を売りたいのであれば少しでもバズる要素が欲しいので、要望自体に合わせて具現化するようにしています。

恵まれた事にある種良いデザイナーを抱えていて、こちらにもガンガンかみついてくるんですよね。これは良い、これは違うなどをデザイナー自身がはっきり主張してくれます。良いものを作るうえで互いに妥協しない関係がうまくいっているなと感じています。

ーー確かに素晴らしい関係性ですね。そうやって互いの意見をぶつけて、良い制作物が出来上がるのだと思います。ちなみに貴社全体もそういった風通しのよい環境なのですか?

風通しはよく、バチバチやってますね。良いものを作るための方向性としてはズレていないと思っています。

もちろん役割はあって、私は管理者としては工数や納期などお客様の要望からずれているところを守っていきますし、デザイナーはデザイナーで要望をどう表現するかを研ぎ澄ましています。そこをぶつけながらいいものを作っていくイメージです。

これからも面白いサイトはもちろん、抽象的な要望のお仕事も、たくさんやっていきたいなと思っています。

兒玉 龍人

ーーちなみに兒玉様はプライベートでパフォーマンスもされているそうですが、そういった外部の活動が仕事にも活かせているところもありますか?

そもそも私はマグロと呼ばれるくらい止まれない人間でして笑

だからこそ仕事外でも好きなことやりたいですし、組織作り含めて物事を作るのが好きなのだと思います。休日のパフォーマンスの内容も、言わばみんなでパフォーマンスを作ってる形にはなるので。文化祭のような、自分だけではなくいろんな人とかかわっていくのが根本的に好きなんですよね。

そういった意味では、何よりも人間関係が難しいと思っているので、その辺りは仕事とプライベートで考え方が活かしあえていると思います。

兒玉 龍人

特に、目標を共有するのが何よりも重要だと思っていて、やらされ仕事ではなく、一緒にゴールを見据えていく、僕の下にいるのではなく横にいるような関係でやっていくのが大事だと思いますね。

だからこそ意見も出ますし、その目標に向かってデザイナーも邁進していくので、意見が出るんだと思います。責任者の下でやっているだけだと、言われたことをやるだけになってしまいます。

プロジェクトのメンバーという感覚でしょうか。仕事においてもプライベートにおいても大事にしていますね。

最も本人たちパフォーマンスを発揮できるのは、目標を一緒に共有しながら動いていけるかどうかです。管理は二倍大変なんですが、原点に戻ってちゃんと目標を共有しています。やっぱりやらされ仕事は面白くないので、自分がやりたいと思えるように、自分でマインドセット作っていくことが大切です。

リーダーとしても、右手でアイデアを出し左手でそろばん持つことが重要だと考えているので、情熱と冷静はどちらも持ちたいと思っています。もともと情熱は強い人間なので、特にそろばんを意識して行動していますね。

兒玉 龍人

ーーありがとうございます。最後に、今後の会社の成長や兒玉様自身の働き方について一言お願いします。

弊社はまだまだ4年目でスタートアップなので、何より人が大事になってきます。逆に言えば、人に依存してしまっているところも大きいので、どんな人材であっても今のレベルが提供できるようにしていきたいですね。そしてより規模を大きくしていろんなお客さんにアプローチしていきたいです。

人数も1年で更に二倍にしたいので、そこに向けて社内一丸となって動いています。

また、個人としては一生ワクワクしていたいですね。そういう人生を歩んでいきたいです。やるだけでわくわくしてずっとやっていける仕事に憧れます。理想論かもしれませんが、言わないと実現しないので。

これからも自分の理想は追い続けたいと思います。

ーー本日はありがとうございました!

株式会社ルイーダ商会に

兒玉 龍人

株式会社ルイーダ商会
マーケティング部 部長

兒玉 龍人

1990年7月生まれ、埼玉県出身。早稲田大学を卒業後、大手証券会社に入社。
300顧客を受け持ち、コンサルティング営業に従事。ウェブマーケティング会社に転職後、200社以上のコンサルティングを担当、SEOやリスティング広告の運用にも携わる。その後、現代表の大村の誘いで株式会社ルイーダ商会ルイーダ商会に参画。ウェブ制作事業、マーケティング事業の責任者としてディレクション業務を担当し、営業組織の立ち上げ、育成にも尽力している。

株式会社ルイーダ商会

株式会社ルイーダ商会

設立 2016年8月
東京都渋谷区広尾2-1-18 広尾Nビル3F
代表取締役:大村直己
資本金:200万円
事業内容:web制作、システム開発、webマーケティング、IT・営業コンサルティング

関連記事

Page TOP