インフラ導入・運用支援のエキスパートだからこそオススメする『Blue Monkey』

【Blue Monkeyパートナー紹介】

インフラ導入・運用支援のエキスパートだからこそオススメする『Blue Monkey』

株式会社ディーネット ソリューション営業部1課 リーダー ウェブ解析士 森田 星羅様

―株式会社ディーネットについて教えてください

(森田)当社は、1999年に設立しました。事業は、サーバー導入やネットワーク構築から、Webシステムの開発、Webサイト構築まで、ITに関する幅広い対応が可能です。ヒアリングからプロジェクト進行までを担うWeb担当は、管理職から現場担当者まで全員ウェブ解析士の資格を保有しています。ノウハウやスキルを社内で共有するために、社内勉強会も大変盛んで、若手社員への教育にも、社員全体で積極的に取り組みます。
クライアントですが、万全なセキュリティ対策を必要とする金融業をはじめとした法人顧客が中心で、スタートアップから大企業まで、さまざまです。最近は、デジタルコンサルティングのご依頼も多くいただいております。

―勤勉な社風と、インフラやセキュリティに精通している点をあわせると、Web施策に慣れていないクライアントは、安心されるのではと思います

(森田)そういっていただけると大変うれしいです、ありがとうございます。当社では、クライアントの不安を事前にしっかりとヒアリングし、ご納得いくまで説明することを常に心がけています。はじめてWeb担当になった場合でも、不安にさせないように、しっかりフォローをさせていただきます。

―クライアントの不安に対して向きあう誠実さが、大変伝わってきます。引き続きですが、Webのプロフェッショナルであるディーネットさんが、『Blue Monkey』を導入したポイントをぜひ教えてください

導入のポイント①

インフラ導入や運用支援のエキスパートだからこそ外せない“セキュリティ対策”を積極的に提案したかった

001−007.jpg
(森田)
いま、ウイルス感染やサイバー攻撃から企業を守る、セキュリティ対策の必要が高まってきています。
当社は、インフラ導入や運用支援のプロとして、セキュリティ対策の重要性を、ご提案時に必ずお伝えするようにしています。毎回一定のご理解をいただくものの、導入へのハードルの高さにいつも悩んでいました。よく聞く意見のひとつが、セキュリティの知識を持っていないので、サービスを選定したり、自身で判断ができないとの悩みでした。セキュリティの知識がない人でも安心して判断できて、導入できるサービスを探していたところ、『Blue Monkey』を知りました。

『Blue Monkey』は、安全な多層防御をはじめ、改ざん検知など、標準的なセキュリティ対策がしっかりされており、メーカーで、CMSとインフラの保守・監視を24時間・365日でおこないます。セキュリティ対策をメーカーに依頼することで、セキュリティに対する不安感を解消できると思いました。『Blue Monkey』は、インフラ導入や運用支援で豊富な実績がある当社からみても、セキュリティ対策の基準を満たしており、自信をもっておすすめできると思いました。

―セキュリティ対策は、『Blue Monkey』として自信をもってオススメできるポイントです。ご評価いただき、大変うれしいです。他にもオススメポイントありましたら、ぜひ教えてください

導入のポイント②

クライアント自身でも更新できるよう、専門知識がなくても誰でも簡単に更新できる管理画面を探していました
DN3.jpg

(森田)当社では、WEBサイトを構築するときに、まずはCMS導入をおすすめしています。これは、クライアント自身でも運用に携わっていただくためです。『Blue Monkey』は、管理画面上で見たまま編集が可能ですので、HTMLなどを知らなくても誰でも更新できます。管理画面について他社といろいろ比較をしましたが、みたままを直感的に操作ができて使いやすい印象だったのが、『Blue Monkey』でした。

誰でも編集できる環境を用意するメリットは、運用のスピードやコストもありますが、クライアント自身で運用に携わっていただくことで、サイト訪問者数、問い合わせ数の増加などの成功体験を、クライアント自身が自分ごととして実感できるところです。

―自分で関わった施策が、結果に結びつくのは大変うれしいですよね。もし、施策に悩まれた時には、ひとりで悩まず、ディーネットさんにどんどんご相談いただきたいそうです。その点も大変心強いですね。

導入のポイント③

サーバー利用料と監視、アプリケーション保守、セキュリティ対策、すべてまとめて月額3万円から。コストパフォーマンスが魅力的だった
001−006.jpg

(森田)リリース後、セキュリティ対策やサーバー監視をおこなうなど、運用にはどうしてもコストと人材が必要です。

CMSは、定期的なバージョンアップが必要で、オープンソースCMS(WordPressなど)は、不規則なバージョンアップへのイレギュラーな対応が必要となります。セキュリティ対策ソフトは、企業向けで数万〜数十万円、導入したソフトによっては、設定や保守を専門業社に発注する場合もあります。サーバーを利用していると、誰かが監視をしないといけないので、定時以外の時間や、週末などWEB担当者の負荷が高まります。

『Blue Monkey』では、これらのサーバー監視、アプリケーション保守、セキュリティ対策が、一括で月額3万円からのランセンス月額利用料に含まれています。WEB担当は、監視の負荷から解放され、突発的なコスト発生も心配いりません。 ※『Blue Monkey』では、サーバー容量により、月額ライセンス費用が変わります。詳細はこちらをご覧ください

―費用面もそうですが、WEB担当者の負担が減るのは大変魅力的ですね。リリース後は、デジタルマーケティングなど本来やるべきことに集中できますね。最後に、ディーネットより、お客様へ今後ご提供したいことがございましたら、ぜひ、教えてください。

お客様に提供していきたいこと

クライアントと共にDX(デジタルトランスフォーメーション)を成功させるために、お手伝いを是非させていただければと思います
DN007.jpg

(森田)当社では、スタートアップからデジタル施策を担当させていただいた企業が、大企業へと成長された経験がありました。その成長過程をデジタル面からサポートさせていただいたことは、わたしたちにとっても、デジタル施策の重要性をあらためて認識した、大変貴重な経験となりました。

これからの企業は、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みをより一層求められます。その現実を十分理解しながら、実際は何をどこから始めたらよいのかと悩まれている企業は多数あるのではないでしょうか。当社では、まずは基盤となるCMSの導入からご案内し、以後それぞれの企業にあったDXシフトを提案させていただいています。DXにむけて、まずは一歩を踏み出したい時に、やりたいことがまとまっていなくても、ぜひ、一度お気軽にご相談ください。

―ディーネットさん、ご回答ありがとうございました!インタビューに答えていただいた森田さんの誠実な受け答えひとつひとつが、ディーネットさんの社風を彷彿させ、大変印象的でした。CMS導入から、DXシフトまで対応できるのは、インフラや開発に強い、ディーネットならではではないでしょうか。制作会社との長いお付き合いをご希望の場合は、ぜひ、オススメいたします!

ディーネットの3つの強み

強み
01
セキュリティ対策とインフラに強い会社

AWS等のパブリッククラウド・自社クラウドプラットフォーム環境における導入支援・運用支援など、セキュリティ対策とインフラ導入について20年以上の実績をお持ちです。金融業や製造業など、万全なセキュリティ対策を求めるクライアントとの豊富な経験は、大変貴重です。

強み
02
ひとりひとりのクライアントに向けた丁寧な対応

クライアントとしっかりと向き合い、様々なご要望のひとつひとつに耳を傾け、きっちり課題を解決していくことに、インタビューを通して強いポリシーを感じました。進行にあたってしっかりと話し合って進めたい担当者には大変おすすめな会社です。

強み
03
ディレクターやセールスは、管理職を含む全員がウェブ解析士を取得

ウェブ解析士をはじめ資格取得に大変積極的です。ロビーには、在籍社員の資格が貼られていました。その他、自習補助制度や社内セミナーも大変盛んだそうです。ウェブスペシャリストとして、会社全体として取り組んでいる社風が印象的でした。

株式会社ディーネット

001-02.jpg

株式会社ディーネット

設立 1999年2月
〒105-0001 東京都港区虎ノ門2−3−22第一秋山ビル5階
代表取締役:高橋一男
資本金:5000万円
事業内容:AWS等のパブリッククラウド、自社クラウドプラットフォーム環境における導入支援・運用支援、WEBサイト制作、システム開発、広告事業、技術者開発支援

001−004.jpg
DN008.jpg

関連記事

Page TOP