大手クライアントや大型案件を担当した、経験豊富なPMがオススメする『Blue Monkey』

【Blue Monkeyパートナー紹介】

大手クライアントや大型案件を担当した、経験豊富なPMがオススメする『Blue Monkey』

TMCシステム株式会社 市場開発本部 ICTソリューション部 松本勇介様

―TMCシステム株式会社について教えてください

(松本)当社は、1960年に創設しました。機械設計関連事業からはじまり、精密試験機・実験観察機などの装置・試作機、ソフトウェア開発、Webサイト制作など、幅広い技術提供が可能です。Webインテグレーション事業部では、ビジネス成果につながるリニューアルや、チーム体制でのPDCA実施に豊富な実績があります。ビジネス成果に沿ったKPI設計やプランニングをおこない、目標に達成するために、WebサイトやSNSなどデジタルマーケティング全体の観点から、あるべき姿のご提案をしています。大手クライアントや大規模なプロジェクトへのお声かけも多く、代理店様との協業経験も豊富です。

―ご紹介ありがとうございます!大手クライアントや大規模プロジェクトの経験豊富な点は、クライアントの立場だと、安心して依頼できるポイントになりますね。貴社の強みとして、その豊富な経験を背景とした、チーム体制でのPDCA実施をあげています。その点をぜひご説明ください。

(松本)サイト運用には、安定した進行管理、スピード感のあるPDCA、更新作業の正確さ、この3点が大変重要となります。とくに進行管理は、様々な案件を経験したPM(プロジェクトマネージャー)でないと、クライアントに対して満足のいく結果を出すのは難しいのではないでしょうか。リリース後、適正な効果測定や競合分析を定期的におこない、日々改善を重ねることで、ビジネス成果を出すことができます

―サイト運用において、PM(プロジェクトマネージャー)は大変重要です。そんな大手クライアントや大型案件のサイトリニューアルや運用経験豊富なTMCシステムが、CMS『Blue Monkey』を導入した理由をぜひ教えてください

導入のポイント①

初期構築費をおさえて、クライアントが求める品質のサイトを提供できる

partner2−2.jpg
(松本)当社が、CMS『Blue Monkey』を導入した理由は、クライアントが求める品質を、効率的に構築するテクニックが包括されていたところです。CMS『Blue Monkey』は、1600件の導入実績をベースに設計された、テンプレートが収録されています。テンプレートを利用しサイトを構築すると、初期構築のコストを極力おさえることができます。

サイト運用でビジネス成果をだすには、リリース後にしっかり運用に取り組むことです。クライアントの要望に応えてビジネス成果をだすために、CMS『Blue Monkey』を導入することは、大変重要なポイントになると考えました。

―リリース後の運用を考慮されて、CMS『Blue Monkey』導入を決められたのですね。たしかに、ライブラリーテンプレートを利用すると、初期構築のコストを極力おさえることが可能です。さまざまなサイト構築に取り組んだ過程で改良されたテンプレートですので、自信をもってご提供させていただきます。

導入のポイント②

大手クライアントから求められるセキュリティ対策をクリアしていた
partner2−3.jpg

(松本)CMS『Blue Monkey』を導入しようとしたもうひとつのきっかけですが、お取引のあった大手クライアントより、サイトリニューアルを依頼されたことです。クライアントの要望にあったCMSを選定していて、『Blue Monkey』を知りました。

上場企業では、サイバー攻撃に考慮して、セキュリティガイドラインを決めていることが多いです。そのため、プレゼンテーションの段階でセキュリティ対策の提案が求められたり、納品条件に含まれていることも多いです。ただ、サイトのセキュリティ対策をおこなうためには、セキュリティの知識をもった人材と、予算が必要となります。

『Blue Monkey』は、大手クライアントより求められるセキュリティ基準をクリアしていた上、コストをおさえて提案もできました。セキュリティ対策をはじめ、サーバー監視、アプリケーション保守など、すべてメーカーにおまかせできるので、自信をもって紹介できましたね。

―クライアントも制作会社も、セキュリティ対策や保守をメーカー側に一任でおまかせできるのは、安心できて、大変魅力的ですよね。プレゼンテーションの場でも、大変評価されたポイントだそうです。

導入のポイント③

当社の営業戦略にあっているターゲット企業が、『Blue Monkey』を多く導入していた
partner2−4.jpg

(松本)当社では、大規模なサイトだけでなく、中〜小規模の案件も豊富な実績があります。CMS『BlueMonkey』の導入事例では、大規模サイトから中〜小規模サイトまで幅広いクライアントが利用していました。大型案件で導入されているCMSは、基盤だけでも数百万以上する大変高価なものが多く、中〜小規模案件にはコスト感が合わないと考えていました。サイトの品質や機能を下げずに、もう少しコストをおさえつつ、CMSを導入できないかと悩んでいました。

そもそも目的にあわせてCMSの選定はされるべきだと思います。クライアントの立場だと、不要なオーバースペックだけは避けたいところです。その点、品質とコストのバランスが良いのが、CMS『Blue Monkey』でした。

CMSの選定は、クライアントがもっとも頭を悩ませる課題です。弊社でも、他社とのCMS比較資料をダウンロードする、他社のCMSとの比較をご質問されるお客様が大変多いです。その点プロの視点から、オーバースペックになりすぎずに、適正な機能をもったCMSを選定してもらえるのは、大変心強いと思います。

お客様に提供していきたいこと

リニューアルからコンサルティングまでご依頼いただき、結果に結びつくまで、しっかりお手伝いしたい
partner2−5.jpg

(松本)当社では、目標とするビジネス成果を把握した上で、KPI設計やプランニングを行い、サイトリニューアルを行っています。そして、リニューアル後の継続的なコンサルティングと運用により、ビジネス成果達成を目指します。
サイト運用の大半は、小規模なサイト改修や日々のコンテンツ制作など、地道な更新作業を複合的にこなしていくことになります。突然ビジネス成果が現れることは少なく、継続的な改善を通じてはじめて結果に結びついていきます。結果の見えない時期は、誰でも不安になります。わたしたちは、そんな時期も根気強く説明を続け、不安材料を解消することに尽力します。
リニューアルに始まり、運用を通して結果につながるまで、しっかりサポートさせていただきたいと思います。

日々の実績を積み重ねながら、サイト戦略の見直しを定期的に検証し、アドバイスすべき点はしっかりと伝えることで、クライアントとの信頼関係をしっかりと築いていきたいと思います。

―TMCシステムさん、ご回答ありがとうございました!今回インタビューに答えていただいた松本さんですが、常にクライアントの視点をもって考えており、クライアントのためにビジネス成果をだすことに対して、ストイックに取り組まれているのが印象的でした。ビジネス成果を意識したサイトリニューアルや、チームによる運用体制をご希望されるクライアントには、ぜひ、オススメさせていただきたい会社です!

TMCシステムの3つの強み

強み
01
大手クライアントや大型案件の豊富なリニューアル、運用実績がある

誰でも名前を聞いたことがある大手商社をはじめとした大型案件のリニューアルや運用に数多く携わっています。

強み
02
改善提案を根気強く提案し、結果に結びつける

ルーチンの更新作業を受け身でこなすだけではなく、定期的に改善提案をおこなっています。大規模なリニューアル提案ももちろん大切ですが、中〜小規模の改善提案を根気強く継続することで、結果に結びつくことが多々ありました。

強み
03
クライアントの立場を意識し、ビジネス結果を追求する

リリース後、サイト運用に注力できるよう、初期構築は、無駄なコストや工数を極力かけないように配慮しているそうです。常に、クライアントの立場を意識し、ビジネス結果へ導こうとする一貫した強い思いが感じられました。

TMCシステム株式会社

partner2−6.jpg

TMCシステム株式会社

設立 昭和35年10月
〒210-0001 神奈川県川崎市川崎区本町1-6-1
代表取締役社長 松本寛
資本金:5000万円
事業内容:Webサイト制作、ソフトウェア開発、装置開発

関連記事

Page TOP